※弊社は単なる物件の紹介屋ではなく、デメリットや心配なことにも言及して、説明責任を果たします。※数少ない貴重な(友人、同級生、関係業者、サクラ以外)口コミです。「おうちの語り部」☚クリック

淡路島の古民家はDIYしてはいけない?理由とは
☚クリック
淡路島古民家カフェ☚クリック
大工(職人さん)の仕事☚クリック
売買について不動産業者として思うこと。
安い古民家を購入して、DIYでリフォームするのがブームですね。
不動産業者の立場から言わせてもらうとDIY(大規模か小規模)
によるけど持ち主さんの趣味でするのは賛成。あくまでも自己責任.
但し、将来転売、賃貸するのであれば・・・NGですね。
古民家○○円で買いました!古民家めちゃくちゃにしてるやん!
金儲けのネタのため、古民家に対して愛着が感じられないな。
だからごく一部のYoutube見て私は笑えません。
最近の話、転売となると仲介する不動産業者としてはとても心配で
注意が必要ですね。偶然大雨の後、たまたまDIYされたある物件
を見に行ったとき、DIYした新しい外壁(木)に雨のシミ(雨漏
り)があったり、やり残し(途中で投げ出した)た部分があったり、
無責任で、無計画、ずさんなイメージをもちましたね。
コーキング等も素人が見ても雑だったり等、プロの大工さんが見たら
どう思うんやろな?
機会があったら聞いてみたいですね。
不動産を仲介する立場からするとDIYされた中古住宅売買は不動
産業者として売主、買主に十分な説明が必要ですね。