物件探しは不動産業者からまず、内見前に電話で物件について説明を聞くことが大事ですね。次に重要なことは隣近所に聞くこと。色々参考になることが聞ける場合があります。弊社は単なる物件の紹介屋ではなく、デメリットや心配なことにも言及して、説明責任を果たします。物件探しのお客様から「将来は淡路島に移住・定住したい?」て聞くけど淡路島も結構広いので移住・定住場所は慎重に時間をかけた方がいいと思います。理想は二拠点生活ですね。あくまでも移住・定住の場合に限ってはやっぱり近くにスーパー、病院等がある利便性の良いところとか、京阪神地区(神戸・大阪)に近い方がいいと思います。海が見たければ車で移動すればいいんです。すぐ転売する方を見ていると海の景色は見えるけど利便性の悪い場所が多いですね。オーシャンビュー「○○ヶ丘」・・・毎日、海見てたら飽きますよ!定住者の方の声聞くと、だいたい2年住むと風がきつい、寒い、塩害がどうとか愚痴がでますね。でも淡路島はまだまだ不動産ミニバブルが続きそうですね。

2018年08月

本日、売約済になりました。
淡路市志筑・中古住宅(専任媒介)

8月11日(土)南あわじ市
ショッピングセンター・パルティ
合同新聞折込みチラシ
約18,000世帯入りました!


本日、売約済です。
南あわじ市八木養宜上・売土地(仲介)

今回の広島、倉敷の災害、大阪の地震、他人事とは思えないですね。
特に淡路島の別荘地、別荘、古民家を仲介
している不動産業者としては、南海トラフ地震
のことが頭の中をよぎりました。
特に南あわじ市の太平洋側沿岸地域は、
津波、土砂崩れ、要注意ですね。
最近、人気の淡路市の北西部の物件も
野島断層
の事は頭の片隅に置いておく
べきですよね。
弊社は買主さんに対して説明責任あると思いますよ。
同業者から商売の妨害行為と言われようと
買主さんが納得の上、購入して頂くことが
一番大切ですよ。
必ず納得されて購入される買主さんいますから。

↑このページのトップヘ